Syounennnichirosenshi14-Nihonkaikaisen KyorinsyaBunko Iwaya-Sazanami

ISBN:

Published: October 12th 2014

Kindle Edition


Description

Syounennnichirosenshi14-Nihonkaikaisen KyorinsyaBunko  by  Iwaya-Sazanami

Syounennnichirosenshi14-Nihonkaikaisen KyorinsyaBunko by Iwaya-Sazanami
October 12th 2014 | Kindle Edition | PDF, EPUB, FB2, DjVu, audiobook, mp3, RTF | | ISBN: | 9.70 Mb

【解説】童話作家として広く知られる巌谷小波(いわやさざなみ)が、日露戦争(明治38-39年、1904-5年)の直後に書いた『少年日露戦史』シリーズ全16巻(博文館刊)の中から、日本海海戦の巻を復刻しました(国立国会図書館近代デジタルライブラリーによります)。日露戦争完勝直後の高揚した雰囲気の中で、少年向けにかかれたこともあり、現代からみれば違和感のある表現もあるとは思いますが、それでも日本海海戦の経過と勝利の感慨が当時どういうものだったかを伺うには十分なものでしょう。NHKのドラマにもなった司馬遼太郎の『坂の上の雲』でも描かれたように、日本海海戦は、日露戦争の勝敗を決した一大海戦でした。日露戦争は、明治維新から38年目、文字通り日本の「興廃」がかかった戦争で、軍事、外交、金融(戦費調達)等、総力戦となりました。そして、そこでの完勝は、世界中の国々に、常識、価値観を含めて、良い意味でも悪い意味でも激震を与えることになりました。今の時代では、人種による差別は許されませんが、白人の欧米列強による世界の支配という常識が崩されたことにより、有色人種の国々(植民地)に勇気を与えたという点はしばしば指摘されます。インドをĦ



Enter the sum





Related Archive Books



Related Books


Comments

Comments for "Syounennnichirosenshi14-Nihonkaikaisen KyorinsyaBunko":


snards.com

©2011-2015 | DMCA | Contact us